29.7.17

キナン

メインスポンサーであるキナンとはご存知、現会長でいらっしゃる角口賀敏会長が和歌山県新宮市に創業された「株式会社 キナン」のことで、建設機械のレンタルリースメンテナンスを行う会社だ。
レンタルラインアップのページは眺めているだけでも面白い。

他にも温泉施設の運営(熊野の郷)、クリーンエネルギー事業や農作事業(スノーベリーファーム)までも展開している。
松阪にある近くの「松阪温泉 熊野の郷」もよく利用させて頂いている。個人的なお勧めは麦飯石の”くり抜き風呂”。丁度良い広さと深さの浴槽で大の字になり、これがまた絶妙な湯加減で、極楽至福のひとときを過ごすことができる。つい、寝入ってしまうほどだ。
和風風呂と洋風風呂が男湯女湯と入れ替わるが、どちらにもあるので安心。
館内にはカフェ・レストランも営業しているので、一日中館内で過ごすこともできるのだ。

またキナンの紀南地域とは、紀伊半島の南部、和歌山県と三重県南西部に相当する地域である。また牟婁、熊野地域という呼び方にも馴染みがあるだろうが、ほぼ同じ地域を指している(諸説あり)。
温暖で湿潤な気候で、神秘的で深い森が多く残る地域だ。

伝承されてきた神話が数多く残り、古くから神仏信仰や修験の地として有名で、神仏習合の熊野信仰による熊野詣も行われてきた。信不信、浄不浄を問わず、一般庶民から貴族までが、全国各地から世界遺産にも登録された熊野古道(紀伊路や伊勢路等々、現在も多くの古道が残っている)を通り、あらゆる人々に開かれた熊野信仰による熊野詣の旅をしてきたようだ。蟻の熊野参りほど続いたよう、という諺もできたほど。
そして徳川御三家で唯一、幾多の征夷大将軍を輩出した紀伊徳川家の領地でもあった。テレビドラマの白馬に乗った暴れん坊な将軍として有名な、徳川吉宗もこの地で生まれた。
同じくして白い暴れ馬を操り、颯爽と現場に在らせられる角口会長もまた、この地のお生まれだそうだ。
やはり、傑物・豪傑を輩出する土地柄なのであろう。

現体制のキナンサイクリングチームは熊野地域の唯一のプロスポーツチームとして、国内のレースやイベント活動を通じて熊野地域の地域活性化とスポーツ振興に貢献するために2015年に発足。

できたてホヤホヤのチームであるが、すでにUCIレースや国内レースでの勝利を量産している。

レース転戦だけでなく、加藤GMを筆頭に、年間を通して様々なレース・イベントも仕掛けている。今年もツールド熊野を始め、KINAN AACAカップサイクルデイin熊野白浜クリテリウム三重あそび(プログラムの一環として)、いなべヴェロフェスタ(2017.9.23)、熊野古道ヒルクライム(2017.11)、ヴェロフェスタinモリコロパーク(2017.12.17)などなど...

今後もロードレースを通じて地域を盛り上げるレース・イベントをどんどん仕掛けていくそうなので、乞うご期待。

ということで、次は8/5 KINAN AACAカップ 第8戦
久々の長良川コース。各クラス、毎回違う展開になり、一筋縄ではいかないコース。
未だに混沌としている年間チャンピオンの行方にも注目だ。

ぜひ、ご来場を。

2 件のコメント:

  1. (株)キナンさんが重機レンタルリースの会社であることは存じ上げておりましたが、温泉施設の運営や農作事業まで手がけている事は知りませんでした!。熊野の郷は機会があれば是非とも訪れてみたいです。
    地域の名称というか呼び名は面白いですね。紀南地方はまだ熊野川をはさんで和歌山県と三重県が繋がっており一体感がありますが、紀北は間に奈良県がまたがるため、和歌山県と三重県でそれぞれ独自に紀北地方と呼んでいる…とWikiに書いてありました(笑)(三重県に紀北町という名の町があるのを知り、それが切っ掛けでGoogleに尋ねました)。
    次回AACAカップの長良川コースは川沿いで少しは涼しいところでしょうか。熱中症にはくれぐれもお気をつけて頑張ってください、応援しております!。
    というか地元ネタに大いに反応してしまい、「なにこのストーカーみたいな変な人…」と思われそうな程のコメント量で本当に申し訳ないです、すみませんm(≧≦)m。

    返信削除
    返信
    1. 熊野の郷、ぜひご利用下さい!

      コメント、ツッコミお待ちしておりますm(_ _)m

      削除